fc2ブログ

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

プロフィール

0415mt

Author:0415mt
住所:千葉県富里市七栄
総合広告代理店 
得まる
代表 高木美千代

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

リンク

ブログ内検索

ジャックバウアーかっこいい!!

全部揃ってたから借りたよ!!!「24 -TWENTY FOUR-シーズンⅦセブン」

NEC_1448.jpg
あぁぁぁなんてカッコイイのだ ジャック・バウアー

昨日は10時間ジャック浸け

えっ?死んだはずのトニーが?!

クロエ久しぶりーー♪

やっぱここで暴れるのねぇぇ、さすがジャック

幸せ

マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと

r088487647L.jpg

うぅぅ。。。観てはイケナイ!と思ってたのに観てしまいました。。。
モロを抱きしめ、思惑どおりの号泣っす。

バカな子供ほどカワイイものなのかね。。。

マーリーにいろんな事を教えてもらいました。

モロ、9歳過ぎた。もうそんなには長くありません。(病気はしてませんが)

お前は、かなり幸せじゃねーの? 

この気持ち、片思いではないと思います。


今日はいっぱい外仕事した。初めてお客様から「たばこ止めたら?」と。。。
うぅぅ!!コレはヤバイ。禁煙パイポ買ってみた。
チューチュー吸った10分後には普通のタバコに戻った。。。


56.5 カレー&ビーフシチュー続きでも変わらず♪





おくりびと

すごい良かった 号泣っす。

最期、お父さんが石握ってたよーーー(泣)




夕方からウィルスミスの7つの贈り物、も観てたよ。

2本連続 「死」に関する、おすぎな日でした。

明日は、福島へ一泊二日のサーフトリップ、いや、サートリップに行ってきます

天気、悪っ!!

午前中、テラへ。

今年の七栄親子まつりポスター張ってもらいに♪
今回、デザイン的には本意では無いけれど、みんながお祭りを楽しんでいる写真がいっぱいなので、それはそれでいいのであーる。

クライアントがOKであれば、全ては◎。
だって私はデザイナーじゃないもーん♪

10/17.18と七栄のお祭りでーす。遊びに来てね

NEC_1287.jpg
↑差し入れ団子のアンコ、眺めるカイ↑
なんちゅーお行儀が良いのだ

天気も悪いので、今やってるホームページ仕事を終わらせたら、今夜はひとりDVDおすぎするべ。

結局、ツタヤディスカス復活しました

今日のおすぎ↓

ぼくたちの奉仕活動

エレジー

感性、磨きますっ!!

かもめ食堂

ラーメン食った後、ビール飲みながら観ました♪

こちらもいい映画ですね
メインメニューがおにぎり。いいと思いますっ!!

ラーメン食った後にナンデスが、外食のお誘いが無い日は、家でちゃんとしたものを作ろう、と思いましたよ
(ちなみに明日も明後日も外御飯の予定ですが。。。)

うちのメインメニューはカレーにします。

ジャガイモはいれません。

ルゥはジャワカレー中辛にこだわります

アナタの人生を変えた映画は何ですか??

今まで、私の価値観を養ってくれた映画ベスト3

1位 ショーシャンクの空に

2位 フィールド・オブ・ドリームス

3位 ???ありすぎて、わからない


だったのですが、今日観まして、1位は、まさに「めがね」です。

カキ氷のシーンで、号泣です。

たぶん映画館だったとしても、そうなっていました。嗚咽が止まりませんでした。。。

超~デトックスです。

それだけ自分が病んでいた事を同時に思い知らされて、私の人生、ちょっと変わります。


具体的に??言うと、かなりいい人になると思います。


上昇気質が、長年強かったんだけど、本当はそれが何なの??と5年ぐらいずっと疑問で、でも売り上げ大事だし、こだわってる場合でもないし、生き残ってくのがやっとだし、とか。。。
でも、この映画で、答えが出た感じです。
たぶん南の島にあるはず、と思ってたけど、やや外れました。
※この話とは関係あません。


すごく美味しいかき氷を、大自然の中で、小林聡美がいやいや食べます。

そしたら、すごく美味しいらしいの。

そして一言「ご馳走様でした、いくらですか??」

いえ、、、値段は無いですが。。。


全てのものは、お金で買えるのに、このカキ氷には金額がありません。

そこに紙幣も、硬貨も置いてはいけないのです。
そんな世界、ホントは無いんでしょうが(映画ですから)

小学生は一生懸命折った、折り紙を置いていきます。

おばちゃんは、自分の畑で作った野菜を置いていきます。

姉ちゃんは、楽器を奏でて、カキ氷屋に聴かせます。

これがお代です。

お金で払えない状況の中、自分自身が、カキ氷の対価として置いていけるものは何かあるのでしょうか?

・・・実のところ私には何もありません・・・アウト

普段、後悔も反省も大してしないのですが、コレには考えさせられました。。。

☆お金じゃなかった、気持ちだよ☆

とにかく私は自意識過剰だった。何も無いくせに。。。
ゆっくり、たそがれる才能も無いくせに。。。
超~ビビリで、【自分】なんて本当は無かったくせに。。。

↑この手のうんちく、いろんな描写がありまして、いろんな映画にもありますよね
カキ氷の味、そして生活スタイル含め、
全てはシンプル イズ ベスト なんて、みんながわかってること。

わかっちゃいるけど、そういっちゃいられないからこそ、こういう映画を観ると、素晴らしいと心が洗われるもんです。



ただ、ここの舞台になっているのが、来月行く与論島なんです。
洗いたいほど働いてないくせに、求めに行くことこそ、自意識過剰なんだ、と自分を戒められました

ストーリーは、ただなんとなく、です。

でも大切なことが、いっぱい、いっぱい入っていました。

今の私にとっては1位です。

フランス映画に耐えられる人は是非、どうぞ。

病んでいる人の薬にもなると思います。

重いーーー独りおすぎな夜

今日も出掛ける気満々でしたが、
久しぶりのツタヤ ディスカスからDVDが届いたので独りおすぎに。

去年の9月から延滞、延滞で半年以上もディスカスDVD見てませんでしたよ。ハハ

部屋真っ暗にしてと、ビール用意してと。

観たら、あまりの重い映画に後味悪ーーーっ!おえーーっ。!

そんなもん観て、アンタ病んでるか欲求不満なんだろ、と言われるに違いないのでタイトルは内緒にしたい・・・ヴーーーヤダ。
なんでこんなもん予約したんだ?

今から本命の「フリーダム・ライターズ」観ようっと。
病んでなーい。病んでなーーい♪

幸せのちから

久しぶりにおすぎりました。『幸せのちから』

内容↓(ツタヤ DISCASより完全パクリ)
ホームレスになりながらも愛する息子を唯一の心の支えに、ついには最後のチャンスを掴んで億万長者となった父子の実話を映画化した感動の物語。主演はウィル・スミスとその実の息子ジェイデン・クリストファー・サイア・スミス。1981年、サンフランシスコ。クリスは高級医療機器のセールスマン。何より大切な5歳の息子クリストファーのため懸命に働くクリスだったが、折からの不況で仕事は思うようにいかず、家賃の支払いもままならない。ついには愛想を尽かした妻に去られ、家賃滞納で自宅からも立ち退きを命じられてしまうのだった…。
***********************************************************

周囲の評価は(男性3名)、あまりいいものではなかったのですが
私にはジワーーッと泣けちゃういい映画でした。

何をしてもカラまわりで、なかなかうまくいかない。
金も無い、仕事もとれない、明日自分がどうなってしまうのかもわからない・・・

今日、眠る場所さえ借りる金が無いウィル・スミスが
息子を抱えて地下鉄のトイレで一夜を明かすシーンがあります。
トイレを使いたい誰かがドンドンとドアを叩きますが
鍵を閉めたまま、泣きます。

そんな姿を見られたくないのか?

眠ってる息子を起こしたくないのか?

こんな生活を送っている自分が情けないのか?

こんな生活しかさせてあげられない息子に申し訳ないのか?

たぶん全部ひっくるめて泣いたんだ。


私は幸い地下鉄のトイレで寝たことは無いけれど、
11年前の自分の姿と重なっちゃって重なっちゃって、終わるまで全く目をそらせなかった。

とにかく毎日不安だった。仕事も全然ダメだった。
いつ得まるやめようか、どんな理由ならば逃げるの簡単か、
そんな事ばかり考えてた時期もある。

おいらの貧乏記憶としては一週間、パスタに塩かけて食った事。

仕事中、お客さんのところで『お疲れ様~』と何気なく出されたカクテルを飲めなかった事。
何故?って一杯600円ほどのカクテル代も財布に無かった。

どうしよう・・・と困ってたら
『お金はいいよ、ご馳走するから』って。

ここで私の涙がこぼれたのは

優しいお客さんの言葉だったのか?

600円も持っていない自分が情けなかったのか?

やっぱりどっちもだったと思う。今でも答えが出ません。


辛かった思い出は、たまに思い出したい。

めそめそしながら感謝して飲んだあのカクテルのおかげで
私は今でも、お客様に感謝しながら仕事を続けていられます。

ホリディ

ピーポップの「レビュー」に誘って頂き、キャメロン・ディアス最新作・ホリディ鑑賞に。

失恋した女の子同士が、アメリカで大流行中のホームエクスチェンジ(おうち交換システム)でお互いの家を利用して気分転換の休日を送る、という映画。

キャメロン・ディアスはLAからロンドンへ。
タイタニックのケイト・ウィンスレットはロンドンからLAへ。

ここまで聞けば、けっ!またしても男の女の滑った転んだ映画だろが。
行った先で、またしても恋に落ちて今度こそハッピーエンド。
という構図がバレバレだったのですが、最後は泣けた。
さすがは「恋愛適齢期」のナンシーメイヤーズ作品なのであーる。
途中は笑えるシーンいっぱいで楽しめたっす!!!
うーん、ラブコメディーは良い。

映画自体はハッピーエンドで終わったものの、
やはりあれは休日のみ限定の恋であり実際問題、ロンドン編集者のジュード・ロウとハリウッドの映画予告編製作会社社長のキャメロン・ディアスは長くは続かないだろうなぁ。

忙しさは、純粋なる恋愛細胞を破壊しませんか?

そんな私の精神は、もはや荒んでますかね?

雑誌の取材

この前、ウチに雑誌の取材が来ました。
最近「映画館のある家」というのが密かなブームらしく、ホームシアターファイルという雑誌が出ています。

おすぎなオレ様の為に、なべちゃんがボーナスはたいて100インチスクリーンで寝ながら映画が観られる寝室を作ったのが取材のネタ。
・・・というのはウソで、なべちゃんは昔から、音とか映像とかが好きみたく「映画を観るなら5.1chでなくちゃならない!しかも巨大スクリーンで!」と豪語し、音の事なら何でも知っているオーディオファイルの吉田さんにすぐに相談。なべちゃん念願のシアタールーム完成♪
2階の部屋はこんな感じになっているのです
「撮影:川村容一」様
2006-10-2.jpg


そんな金額出すならば巨大プラズマテレビが買えるだろ、(私も心の中で呟いてみた)との周りの反対は一切聞かない。
まぁ私も結局は自分のお金は好きに使ってよ、と。
しかも得まるのお客様にて金を使うならば、それはそれは素晴らしい事である。

さて、いざ完成してみたら・・・心の中で「プ、プラズマがぁぁぁ」と叫んでいた私も、この音と映像の臨場感に圧倒され、感動し、なんて素晴らしいのだ!の一言。
今は、なべちゃんよりも私の方がすっかりハマりまして、次は何を観ようかなぁ~と夜が楽しみ。

取材中、出版社の喜ぶきちんとしたオイシイ話が出来たかわかりませんが、ホームシアターってマジで素晴らしい!というのは伝わったかなぁ。
今月20日くらいに発行されるらしいので本屋で立ち読み楽しみッス

| ホーム |


PREV PAGE «  BLOG TOP  » NEXT PAGE